芹沢銈介展 ―手仕事を愛でる―ある染織家の渾身の蒐集

自宅にて 1967年/吉川富三撮影
自宅にて 1967年/吉川富三撮影

宗廣コレクション

   芹沢銈介展 ―手仕事を愛でる―

     ある染織家の渾身の蒐集

岡崎市美術博物館

2012年2月11日(土)~3月25日(日)

休館日  月曜日

開館時間

   10:00~17:00

    *最終の入場は16:30まで。

観覧料
   一般  1,000円(800円)
  小中学生 500円(400円)

   *( )内は20名以上の団体料金。
   *岡崎市内の小中学生は無料。
   *各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者は無料。
    いずれもチケット売場にて手帳・カードの提示をお願いします。 
主催 
   岡崎市美術博物館、中日新聞社

 

静岡市の呉服商に生まれ、東京高等工業学校で図案を学んだ芹沢銈介(1895-1984)は、柳宗悦の著作「工芸の道」に深い感銘を受け、また、ほどなく沖縄に古くから伝わる紅型に出会い、強く魅了されると、染色家として、民芸運動の道へと進むことを決意します。
旅先の風景や日常の暮らしのなかから導き出される形と、それらを模様へと造形化する絶妙な色彩感覚と構成力。芹沢の作品は、ひと目見れば芹沢その人のものだと分かる揺るぎなさを備えており、「型絵染」の作家として、重要無形文化財保持者(人間国宝)にも認定されました。
染織家であり、自身も民芸の思想に深い共感を寄せる宗廣陽助氏は、芹沢の作品に魅せられ、長年にわたりその蒐集を続けてきました。装丁や絵本、商品パッケージなど、大量生産品も多数手がけた芹沢ですが、宗廣氏のコレクションを占めるのは、屏風や暖簾、着物など、芹沢が下絵制作から染めまでの工程を一貫して手がけた作品と、ガラス絵や板絵などの私的で親密な制作による1点ものの肉筆作品ばかりです。そこには、自身も作り手であり、手仕事を慈しむ宗廣氏ならではの強いこだわりと美意識があります。
ひとりの染織家の渾身のコレクションを通して、芹沢の作品の魅力と共に、芹沢への深い憧憬と尊敬の念に溢れた所蔵家の思いに触れていただければと思います。

 

≪みのけら図屏風≫1957年頃
≪みのけら図屏風≫1957年頃
≪州浜形四季文屏風≫1970年
≪州浜形四季文屏風≫1970年

 

 

「芹沢銈介展」の関連イベント
 

   ■■ 記念講演会 ■■

       本展覧会にご出品いただいた宗廣氏をお迎えし、

       芹沢作品の魅力や芹沢銈介とのエピソードなどをお話ししていただきます。


   日時       3月3日[土]午後2時~ 
   テーマ    所蔵家が語る芹沢の魅力 
   講師       宗廣陽助(紬織り制作者)
   定員       70名(当日午後1時から整理券配布)、聴講無料
   会場       当館1階セミナールーム

 

   ■■ 講演会 ■■

       芹沢銈介が深く共感した民芸運動についてお話ししていただきます。


   日時      2月26日[日]午後2時~ 
   テーマ   民芸の思想と個人作家―蒐集と創造―
   講師      濱田琢司(南山大学人文学部日本文化学科准教授)
   定員      70名(当日午後1時から整理券配布)、聴講無料
   会場      当館1階セミナールーム

 

   ■■ 学芸員による展示説明会 ■■

       参加者といっしょに展示を鑑賞しながら、

       みどころや作品をわかりやすく解説します。


   日時      2月19日[日]午後2時~
               3月18日[日]午後2時~
   担当      当館学芸員
   参加費   無料(ただし、当日の展覧会観覧チケットが必要です)
   申し込み不要。直接会場へお越しください。
 

 

<記事 画像引用 岡崎市美術博物館

<にしおアートねっとでは、記事、画像について個人、美術館、博物館、

  他関連団体のご協力により掲載させて頂いています。著作権は当該団体に

  帰属していますので、無断のダウンロードはお控えください>

   文責<ジップ>