新収蔵品展

芳賀日出男「籾種を蒔く」1956年
芳賀日出男「籾種を蒔く」1956年

高浜市やきものの里かわら美術館

平成24年1月2日(月)~2月12日(日)

午前9時から午後5時まで

 (観覧券の販売は午後4時30分まで)

休館日

  月曜日(1月2日、9日は開館)

     1月10日

観覧時間   午前9時から午後5時まで(観覧券の販売は午後4時30分まで)
観覧料    高校生以上200円(160円)、中学生以下無料
      *( )内は高浜市内居住者および20名以上の団体料金
主催     高浜市やきものの里かわら美術館

-民俗写真の先駆者・芳賀日出男による写真作品を中心に-
高浜市やきものの里かわら美術館では、平成22年度、写真作品40点、絵画作品7点を新収蔵しました。本展ではこれらの新収蔵品を初公開いたします。
展示の中心となる作品は、芳賀日出男による奥三河の「花祭り」を捉えたドキュメンタリー写真であり、氏が1960年代より撮りためてきた、神事から鬼の舞まで祭りの全貌が記録された写真群です。柳田國男が「日本人にとっての祭りの起源」と評価した「花祭り」。芳賀日出男が切り取った猛々しく切迫感のある写真を展示します。
このほか、平成22年度に寄贈された絵画作品として、名古屋の前衛芸術家・堀尾実による和洋の葛藤から生まれた日本画4点と、同じく名古屋出身で現在も活躍中の画家・久野和洋による清涼感漂う油彩画3点を展示いたします。あわせて、平成20年度に収蔵し、修復作業を終えた地元ゆかりの画家・大澤鉦一郎の油彩も初公開いたします。

芳賀日出男「籾種を蒔く」1956年
芳賀日出男「籾種を蒔く」1956年

講演会「写真家・芳賀日出男の活動の軌跡と花祭りについて」

  本展の出展作家である芳賀日出男氏をお招きして、

  これまでの写真家としての活動の軌跡や、本展で展示している作品

  「花祭り」シリーズについて、1960年代から追いかけてきた花祭りの 

   姿、魅力、役割、変遷などを含めてお話しいただきます。

 

 日時   2月5日(日)午後2時~4時

 講師   芳賀日出男氏(写真家)

 場所   3階講会議室

 参加費  無料

 募集人数 50名(先着順)

 申込   1月7日(土)午前9時より電話にて受付します。

 

学芸員によるギャラリートーク

 日時   ①1月22日(日) 

      ②2月11日(土・祝)  
    いずれも午後2時~
 場所   2階展示室

 参加費  無料(ただし当日観覧券が必要)

 

 

 <記事 画像引用 高浜市やきものの里かわら美術館
<にしおアートねっとでは、記事、画像について個人、美術館、博物館、他関連団体のご協力により掲載させて頂いています。著作権は当該団体に帰属していますので、無断のダウンロードはお控えください>
 文責・編集<ジップ>