村山槐多の全貌

岡崎市美術博物館

12月3日(土)から

  2012年1月29日
10:00~17:00
 最終の入場は16:30まで。

休館日
  月曜日
    ただし1月9日(月・祝)は開館、
    翌10日(火)は休館
  年末年始(12月28日(水)~1月3日(火))

一般1000円(800円)
 小中学生500円(400円)

  *()内は20名以上の団体料金。
  *岡崎市内の小中学生は無料。
  *各種障がい者の交付わ受けている方及びその介助者は無料。
  *Withカードの交付を受けている方は無料。
  *「槐多」の名にちなみ、「かいた」というお名前の方は無料。
    (名前が確認できるものをご提示ください)

主催 岡崎市美術博物館、中日新聞社

村山槐多の全貌」展の関連イベント
 

■■ 基調講演・シンポジウム ■■

  岡崎ゆかりの画家、山本鼎と村山槐多。

  謎の大作ははたしてどちらが描いたのか!?
  基調講演後にシンポジウムを開催します。


 日時     12月3日[土]午後2時~ 
 基調講演   テーマ「鼎のこと、槐多のこと」 
 講師:   窪島誠一郎(信濃デッサン館館主)
 シンポジウム   テーマ「謎の大作≪日曜の遊び≫をめぐって」
   パネリスト/
       村山太郎(村山槐多の甥)
       窪島誠一郎(信濃デッサン館館主)
       原田光(岩手県立美術館館長)
  モデレーター/
       村松和明(当館学芸員)
 定員     70名(当日午後1時から整理券配布)、聴講無料
 会場           当館1階セミナールーム

 

■■ クリスマス・スペシャル「槐多の詩―朗読とヴァイオリン」 ■■

  槐多の詩とヴァイオリンのしらべをお楽しみください。


 日時   12月23日[金・祝]午後2時~ 
 朗読   川島葵(東海ラジオアナウンサー)
 演奏   伊東かおり(ヴァイオリニスト)
 定員  70名 (当日午後1時から整理券配布)

 入場無料
 会場   当館1階セミナールーム

 

■■ 新春・なんでも鑑定団スペシャルトーク ■■

  テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」でおなじみの永井龍之介氏を

  お迎えし、鑑定結果に騒然となった槐多の話と、

  様々なエピソードをお話いただきます。


 日時    1月9日[月・祝]午後2時~ 
 テーマ    槐多―驚きの結果に騒然!
 講師    永井龍之介(永井画廊廊主)
 定員   70名(当日午後1時から整理券配布)、聴講無料
 会場   当館1階セミナールーム

 

■■ 講演会 ■■

  本展覧会の担当学芸員が村山槐多の新たな実像と

  謎の大作≪日曜の遊び≫の真相に迫ります。


 日時    1月22日[日]午後2時~ 
 テーマ   夭折の天才、村山槐多の謎―引き裂かれた絵の真相
 講師    村松和明(当館学芸員)
 定員   70名(当日午後1時から整理券配布)、聴講無料
 会場   当館1階セミナールーム

 


■■ 学芸員によるギャラリートーク ■■

  参加者といっしょに展示を鑑賞しながら、

  みどころや作品をわかりやすく解説します。


 日時   12月11日[日]午後2時~
      1月28日[土]午後2時~
 担当   当館学芸員
 参加費  無料(ただし、当日の展覧会観覧チケットが必要です)
     申し込み不要。直接会場へお越しください。
 

 

■■ 館外講座 ■■

  本展のみどころについて担当学芸員が岡崎市美術館に出向きお話しします。


 日時    10月27日[木]午後3時~ 
 テーマ   展覧会の見どころ紹介
 定員   先着50名(申し込み不要。直接会場へお越しください。)

 聴講無料
 会場   岡崎市美術館 東館2階講座室1
       岡崎市明大寺町字茶園11番地3、警察署の隣
 

 

<記事 画像引用 岡崎市美術博物館

<にしおアートねっとでは、記事、画像について個人、美術館、博物館、

  他関連団体のご協力により掲載させて頂いています。著作権は当該団体に

  帰属していますので、無断のダウンロードはお控えください>

   文責<ジップ>