新・西尾市の文化財

西尾市岩瀬文庫

平成23年11月19日(土)

       ~24年1月15日(土)

午前9時から午後5時まで   
休館日  月曜日(月曜日が祝日の場合は月火休)

     年末年始・特別整理期間
入館料  無料

平成23年4月1日、一市三町の合併によって新しい西尾市が誕生しました。すぐ近くにあり、互いに影響を与えながらも、永らく各々に特徴的な歴史や文化をはぐくんで来た四つの地域が、一つのまちとなって再スタートを切りました。本展はそれを記念して、四つの地域を代表する優れた文化財の一部をみなさまにご披露するものです。

 合併によって西尾市の文化財は国・県・市の指定、登録文化財を合わせて224点となりました。文化財はその土地の歴史や文化、さらにはそこに住む人々の心を映す鏡です。これらを通して、市民の皆さまに、これまでの“お隣さん”への理解や愛着を深め、新しく広がった“ふるさと”の発展のため、手をたずさえて進む第一歩となれば幸いです。

後柏原天皇宸翰御消息 はく少将宛 (重要文化財) 
後柏原天皇宸翰御消息 はく少将宛 (重要文化財) 

花岳寺蔵

 

 

地蔵菩薩半跏像 (市指定) 
地蔵菩薩半跏像 (市指定) 

        個人蔵

 

 

第111回 合併記念特別展「新西尾市の文化財」 現地見学会
 合併による新・西尾市の誕生を記念して、

  市内の主な遺跡や文化財をめぐる見学会を行います。

  多彩な文化財を通して、郷土の豊かな歴史や文化をご覧ください。


 11月26日(土) 幡豆コース

         (寺部城址・中之郷古墳・安泰寺・とうてい山古墳ほか) 
          定員35人(要予約)

          参加費1000円(昼食代)

          午前9時30分に幡豆歴史民俗資料館(寺部町)へ集合 

          ※一部坂道を歩きます。荒天の場合は中止します。
 
 12月17日(土) 一色佐久島コース

         (崇運寺・山の神塚古墳・阿弥陀寺・八剱神社ほか) 
          定員20人(要予約) 

          参加費2300円(昼食代・船代) 

          午前9時15分に一色さかな広場・佐久島船乗り場へ集合。

          ※徒歩が中心です。荒天の場合は中止します。  

         定員になりました
 
 12月24日(土) 西尾コース

         (長圓寺・久麻久神社・実相寺・西尾城址) 
          定員35人(要予約) 

          参加費1200円(昼食代) 

          午前9時30分に市役所北側駐車場へ集合 

          ※雨天決行
 
 1月7日(土) 吉良コース

        (金蓮寺・旧糟谷邸・尾﨑士郎記念館・専長寺

                      正法寺古墳・幡頭神社) 
         定員35人(要予約)

         参加費1500円(入館料・昼食代) 

         午前10時15分に吉良支所(吉良町荻原)へ集合。

         ※雨天決行
 
 対  象     小学生以上。小学生は保護者同伴のこと。
 申し込み方法   往復はがきに参加者名・参加希望コース・電話番号を

         記入して岩瀬文庫までお送りください。

         11月4日(金)必着。定員を超えた場合は抽選を行います。

         1枚のはがきで2名まで申し込みできます。
→幡豆コース・西尾コース・吉良コースは若干の空きがありますので、開催日の1週間前まで先着順で受け付けます。お電話または直接お申込み下さい。
 申込み・問合先 岩瀬文庫(56-2459 〒445-0847亀沢町480)
 

  

<記事 画像引用 西尾市岩瀬文庫
にしおアートねっとでは、記事、画像について個人、美術館、博物館、他関連団体のご協力により掲載させて頂いています。著作権は当該団体に帰属していますので、無断のダウンロードはお控えください>
 文責・編集<ジップ>