三河浄土宗寺院の名宝 ―浄土へのいざない―

阿弥陀三尊来迎図/室町時代/随念寺蔵
阿弥陀三尊来迎図/室町時代/随念寺蔵

法然上人800回忌記念

  三河浄土宗寺院の名宝 

    ―浄土へのいざない―

岡崎市美術博物館

10月8日(土)~11月20日(日)

休館日
  月曜日

 (ただし10月10日[月・祝]は開館、

       翌11日[火]は休館)

開館時間

 10:00~17:00

 *最終の入場は16:30まで。

観覧料
   一般    600円(500円)
       小中学生      300円(200円)

 *( )内は20名以上の団体料金。
 *岡崎市内の小中学生は無料。
 *各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者は無料。
 *Withカードの交付を受けている方は無料。
 いずれもチケット売場にて手帳・カードの提示をお願いします。 
 

主催 
 岡崎市美術博物館

阿弥陀三尊来迎図/室町時代/随念寺蔵
阿弥陀三尊来迎図/室町時代/随念寺蔵

平安時代の末期、末法の世に惑う人々を救うため、ひたすら念仏を唱えることで往生を果たすという専修念仏の教えを広め、浄土宗を開いた法然(1133-1212)。今年は法然上人の800回忌の年に当ります。
古来三河は浄土宗の盛んな地域で、なかでも松平・徳川氏ゆかりの大樹寺を中心に発展した浄土宗(鎮西派)と法蔵寺・崇福寺をはじめとする三河十二本寺を中心に末寺の大半が三河に集中する浄土宗西山深草派は、その代表的な流派です。
今回の展覧会では、信光明寺・大樹寺・松応寺・随念寺・法蔵寺・崇福寺・昌光律寺など岡崎市内の名刹をはじめ、隣松寺・高月院(豊田市)、大恩寺(豊川市)、養寿寺(西尾市)など三河の浄土宗寺院の至宝約120件を一堂に展示し、法然の生涯や事績を紹介するとともに、浄土教美術の粋をご覧いただきます。さらに寺勢の盛衰に深く関与した松平氏、今川氏、徳川氏など三河の有力武士との関係を示す資料を紹介し、浄土宗寺院をめぐる三河の歴史を辿ります。
法然上人没後800年の大遠忌、是非この機会に法然上人の説いた西方極楽浄土の世界へ思いを馳せていただければと思います。


会期中、一部展示替えを行います。
(前期10月8日~30日/後期11月1日~20日)

 

法然上人800回忌記念「三河浄土宗寺院の名宝―浄土へのいざない―」

  関連イベント
 

■■ 講演会 ■■

 講師をお迎えし、三河浄土宗における鎮西派と西山深草派の歴史について

 お話ししていただきます。


 日時    10月23日[日]午後2時~ 
 テーマ   三河浄土宗の二つの流れ
 講師    新行紀一(愛知教育大学名誉教授)
 定員        70名(当日午後1時から整理券配布)、

 聴講無料
 会場        当館1階セミナールーム

 

 

■■ バスツアー ■■

 岡崎市内にある浄土宗寺院の名刹を解説付きでめぐるバスツアーです。


 ツアー名  岡崎浄土宗寺院の名刹を訪ねる 
 日時     11月5日[土]午前9時30分~午後4時30分 ≪雨天決行≫
 コース    当館出発~信光明寺(岩津町)~大樹寺(鴨田町)

          ~法蔵寺(本宿町)~崇福寺(中島町)~当館着
 定員          30名(応募多数の場合は抽選)
 参加費   無料
 申込締切    10月14日[金]必着
 申込方法  往復ハガキの「往信用裏面」に、イベント名、

       参加者全員(4人まで)の郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号  

       を記入し、「返信用表面」に参加者本人(2人以上で申込の場合は  

       代表者)の郵便番号・住所・氏名を明記の上、

       当館までお申込ください。

 

 

 

■■ 展示説明会 ■■

 参加者といっしょに展示を鑑賞しながら、

  みどころや資料をわかりやすく解説します。


 日時    10月22日[土]午後2時~ 
                  11月12日[土]午後2時~
 担当    当館学芸員
 参加費  無料(ただし、当日の展覧会観覧チケットが必要です)
 申し込み 不要。直接会場へお越しください。
 

 

 

■■ 館外講座 ■■

 本展のみどころについて当館学芸員が岡崎市美術館に出向きお話しします。


 日時    10月27日[木]午後2時~ 
 テーマ   展覧会の見どころ紹介
 定員       先着50名(申し込み不要。直接会場へお越しください。)

 聴講   無料
 会場       岡崎市美術館 東館2階講座室1
                     岡崎市明大寺町字茶園11番地3、警察署の隣
 

 

 

 

 連続講座の受講者募集
 

■■ やさしいミュージアム講座(後期) ■■

 市民の方々に歴史や美術をより身近に感じていただけるよう、

 毎月1度の連続講座を開催しています。
 後期は、

 新編岡崎市史(額田資料編)の発刊を記念した講座

 「いっしょに読もう!新編 岡崎市史 額田資料編」と、

 7月1日付けで新館長に就任した榊原悟館長による当館で初めてとなる講座

 「江戸の絵を愉しむ」の2講座を開催します。


講座名 /いっしょに読もう!新編岡崎市史 額田資料編 
 内容    新編岡崎市史(額田資料編)の発刊を記念し、

       額田地区の歴史や文化をわかりやすく解説します。 
 日時・テーマ    

   平成23年11月~平成24年3月の毎月第2水曜日 午前10時30分~12時
  ※ただし、2月の第2水曜日は臨時休館中のため第3水曜日に変更します。
  【第1回】11月9日[水] 「考古」

    【第2回】12月14日[水] 「中世」
    【第3回】1月11日[水] 「近世」
    【第4回】2月15日[水] 「民俗」
    【第5回】3月14日[水] 「文化財」

 講師    荒井信貴・堀江登志実・浦野加穂子(当館学芸員)、
                   野本欽也・小林吉光(額田資料編調査執筆委員)
 定員  70名(応募多数の場合は抽選)
 ●参加費  無料
 ●会場   当館1階セミナールーム

 


講座名 /江戸の絵を愉しむ 
 内容   江戸絵画の見どころや愉しみどころをわかりやすくお話します。 
 日時・テーマ  

  平成23年11月~平成24年3月の毎月1度いずれかの土曜日 午後2時~3時30分

  【第1回】11月19日[土] 「達磨の図像学」
  【第2回】12月17日[土] 「猿のかたち」
  【第3回】1月 7日[土] 「空想動物園」
  【第4回】2月11日[土] 「渡来動物図鑑」
  【第5回】3月10日[土] 「極大と極小」
  ●講師  榊原悟(当館館長)
    略歴:1948年愛知県西尾市生まれ。サントリー美術館学芸員をへて現在  

       群馬県立女子大学教授。専門は日本美術史(絵画史)。

       文学博士。

      『美の架け橋―異国に遣わされた屏風たち』など著書多数。
 定員  70名(応募多数の場合は抽選)
 参加費 無料
 ●会場      当館1階セミナールーム

 

 ≪共通≫
  申込方法:往復はがきに、希望講座名(ハガキ1枚につき1講座の申込に限る)・

           郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・年齢・性別・電話番号を明記の上、

          10月20日[木]までに下記へお申込ください。
           ※各講座5回全て参加できる方のみご応募ください。
           ※はがき1枚につき1人の申込に限ります。
  申込先:444-0002 岡崎市高隆寺町峠1 岡崎中央総合公園内
      岡崎市美術博物館「やさしいミュージアム講座」係

 

 

 

 

<記事 画像引用 岡崎市美術博物館

<にしおアートねっとでは、記事、画像について個人、美術館、博物館、

  他関連団体のご協力により掲載させて頂いています。著作権は当該団体に

  帰属していますので、無断のダウンロードはお控えください>

   文責<ジップ>