東アジアの瓦の流れ

素弁蓮華文軒丸瓦(大阪・九頭神廃寺出土/白鳳時代・7世紀後半)
素弁蓮華文軒丸瓦(大阪・九頭神廃寺出土/白鳳時代・7世紀後半)

  中国~朝鮮~日本
東アジアの瓦の流れ

高浜市やきものの里かわら美術館

平成23年3月12日(土)~4月3日(日)

午前9時から午後5時まで

 (観覧券の販売は午後4時30分まで)

観 覧 料  高校生以上200円(160円)、中学生以下無料
       ※()内は20名以上の団体料金、および高浜市内在住者
休 館 日  月曜日(3月21日は開館)、3月22日(火)

1.開催趣旨
 現在、私たちに身近なものとなっている屋根瓦は、紀元前11世紀の中国で生まれま

 した。その後、瓦は仏教とともに朝鮮半島へ伝わり、日本にやってきたのは

 誕生から1500年を経た西暦588年のことです。
 本展覧会では、かわら美術館所蔵の中国・戦国時代から、朝鮮半島・三国時代、

 そして日本の飛鳥・白鳳・奈良時代までの瓦を取り上げ、中国で生まれた瓦がどの

 ように東アジア各国に伝わり、古代社会の中でどのように変化し、

 広がっていったのかを考えます。

 

2.展示構成
(1)東アジアにおける瓦の誕生と、中国古代の瓦
(2)朝鮮半島への瓦の伝来と変遷
(3)日本への瓦の伝来と、その変容

素弁蓮華文軒丸瓦(大阪・九頭神廃寺出土/白鳳時代・7世紀後半)
素弁蓮華文軒丸瓦(大阪・九頭神廃寺出土/白鳳時代・7世紀後半)

 

  関連行事

 

①ギャラリートーク(予約不要)

 日  時  3月20日(日)午後2時~
 場  所  展覧会会場
 参 加 費  無料(ただし当日観覧券が必要)
②ワークショップ「屋外での拓本に挑戦」
 日  時  3月27日(日)午後2時~
 場  所  かわら美術館3階講義室、森前公園
 参 加 費  500円(実費)
 募集人数  10名
 申  込  3月6日(日)午前9時より電話にて受付します。


※詳細は、かわら美術館(0566-52-3366)まで、お問い合わせください。

 

記事 画像引用 高浜市やきものの里かわら美術館
<にしおアートねっとでは、記事、画像について個人、美術館、博物館、他関連団体のご協力により掲載させて頂いています。著作権は当該団体に帰属していますので、無断のダウンロードはお控えください>
 文責・編集<ジップ>