放浪の天才画家 山下清のすべて

桜島 貼絵/1954(昭和29)年
桜島 貼絵/1954(昭和29)年

高浜市やきものの里かわら美術館

平成22年7月17日(土)~9月5日(日)

休館日
 月曜日(7月19日は開館)、7月20日(火)

観覧時間
 午前9時から午後5時まで

  (観覧券の販売は午後4時30分まで)
                                

      

 Ⓒ清美社

観覧料
 高校生以上800円(640円)、中学生以下無料
 ※ ( )内は前売りおよび20名以上の団体料金

   (前売りは7月16日(金)まで実施)
 ※ 愛知・岐阜・三重・静岡・長野のチケットぴあ、サークルKサンクスでも

   チケットを販売【Pコード764-174】(7月16日(金)まで前売り料金、

                            会期中は当日料金)

桜島 貼絵/1954(昭和29)年
桜島 貼絵/1954(昭和29)年

                                 Ⓒ清美社

「放浪の天才画家・山下清」。彼の貼絵には、緻密なデッサンに貼り込まれた満色の色紙が、時に優しく、時に力強く、また四季折々の風景に込められた風の音やその土地の香り、人々の感情までもが巧みに、そして自然に息づいています。山下清(1922~1971)の作品が、今なお多くの人々を魅了するのは、この「自然体」から生まれる素朴さ、素直さが、ストレートに心に響くからなのではないでしょうか。
本展覧会は、山下清が生きた激動の昭和という時代の中で、“清が何を考え、何を求め、何を感じながら作品を生み出したのか”を山下清からのメッセージとして今の時代に残したく企画されたものです。
「日本のゴッホ」と賞賛された山下清。本展覧会では、その完成された技術が思う存分堪能できる代表的な貼絵作品を中心に、独特の手法で仕上げた油彩作品、点描画家としての才能を発揮した素描作品や陶芸作品など、芸術家としての作品はもとより、一人の人間としての山下清を知ることのできる遺品の数々やエピソード、放浪日記など、山下清の真の姿をご理解頂くために貴重とされる品々を多数展示いたします。
私たちの中にある山下清のイメージ。それは貼絵や放浪など、彼の生涯のごく一部の事項であり、彼の本当の姿とは云えません。事実、マスコミやドラマ・映画を通じて一般に伝わるイメージは、実際の山下清とは全く違った人物像であり、そのことに対し本人は、表現しきれない違和感を抱いていたのです。
山下清が生きた昭和は、戦争を挟み激動の時代でした。その時代を生きた山下清の生涯は、幸運と不運が背中合わせに共存する、波乱に満ちた人生であったに違いありません。
ご観覧いただく皆様には、今までの山下清のイメージを一度外し、何の先入観も持たずに皆様ご自身の心の目で、ご鑑賞いただければ幸いです。

展示資料
 山下清作品(貼絵・水彩画・陶器等)約120点 遺品・資料等約30点
  計約150点

 

主催
 高浜市やきものの里かわら美術館、中日新聞社

後援
 愛知県教育委員会、高浜市、高浜市教育委員会、高浜市観光協会、
 NHKプラネット中部、名古屋鉄道株式会社

協力
 山下清作品管理事務局

企画協力
 ステップ・イースト

 関連行事(詳細については、かわら美術館までお問い合わせください。)~

講演会
  日  時:8月1日(日) 午後2時~午後3時
  講   師:山下浩氏(山下清作品管理事務局代表)
  場  所:かわら美術館3階講義室
  参 加 費:無料(ただし当日観覧券が必要)
  募集人数:80名
  内  容:山下清の甥にあたる、山下清作品管理事務局代表山下浩さんか  

       ら、ともに暮らした家族の眼を通した清の「ほんとうの姿」に

       ついてお話いただきます。
  申  込:7月11日(日)午前9時より、電話にて受付
      ※先着順、定員に達した時点で受付終了

 

ワークショップ「切手でつくる貼絵に挑戦」
  日  時:①7月25日(日)
       ②7月31日(土)
       ③8月21日(土) 各日とも午後2時~
  講   師:村松輝一氏(貼絵作家)
  場  所:かわら美術館3階講義室
  参 加 費:無料
  募集人数:各20名
  内  容:色とりどりの切手や色紙を使って貼絵をつくります。
  申  込:7月4日(日)午前9時より、電話にて受付
      ※先着順、定員に達した時点で受付終了


コンサートボランティアの方々によるロビーコンサート
  日  時:①8月22日(日)
       ②8月28日(土)
       ③8月29日(日) 各日とも午後2時~
  場  所:かわら美術館1階ロビー
  参 加 費:無料

 

学芸員によるギャラリートーク
  日  時:①7月24日(土)
       ②8月8日(日)
       ③8月15日(日) 各日とも午後2時~
  場  所:展覧会会場
  参 加 費:無料(ただし当日観覧券が必要)

 

ワークショップ「瓦の音色を楽しもう!~いぶし瓦の打楽器づくり~」
  日  時:8月4日(水) 午後2時~
  講   師:藤田雅也氏(名古屋経済大学短期大学部保育科専任講師)
  場  所:かわら美術館1階スタジオ
  保 険 料:100円
  募集人数:小学校3年生~6年生 計20名
  内  容:瓦の音ってどんな音?普段とは違った瓦の魅力に触れてみよう!
   (あいちトリエンナーレ2010「キッズトリエンナーレ」で実施予定の、
    瓦をつかったワークショップの高浜バージョンです)
  申込方法:往復ハガキに
        ①「かわらワークショップ」
        ② 住所・郵便番号、電話番号
        ③ 氏名(ふりがな)、学校名、学年
           を明記し、下記までお送りください。

              (ハガキ1枚に3名まで)
    ※7月20日(火)必着。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
    なお、お預かりした個人情報につきましては、本ワークショップのみで     

    使用し、他の目的には使用いたしません。
     送付先:〒444-1325 愛知県高浜市青木町九丁目6番地18
        高浜市やきものの里かわら美術館

<記事 画像引用 高浜市やきものの里かわら美術館
<にしおアートねっとでは、記事、画像について個人、美術館、博物館、他関連団体のご協力により掲載させて頂いています。著作権は当該団体に帰属していますので、無断のダウンロードはお控えください>
 文責・編集<ジップ>